アルバムとシングル

発売するCDのうちアルバムにはコンセプトがある!

発売されている音楽アーティストのCDのうち、アルバムとは、1つのディスクの中に10曲から12曲程度の楽曲が入っているもののことを指します。
各アーティストは、一つのアルバムにコンセプトを設けて楽曲製作をしていきます。
それまでに発売したシングル曲を入れることが殆どで、ヒットしたシングル曲が入っているアルバムも同じくヒットを飛ばす傾向にあります。
シングルのランキングとは別にチャートがあり、毎週ランキングが発表されています。
CDのリリースが行われると、それを記念したツアーが行われます。
関東や東名阪、全国などあらゆる地域へ行ってコンサートやライブを行います。
収録された曲を中心として演奏していきます。
収録されている曲の多くはライブで初めてお披露目されることもあり、アーティスト側もファン側もどのように盛り上がれるのか楽しんでいます。
大きく盛り上がれた曲はその後のツアーでも重宝され、アーティストの代表曲となることもあります。

CDのアルバムとシングルの現状

CDというコンパクト・ディスクに収録されて発売される音楽には、おおまかに言ってアルバムとシングルとがあります。
シングルとして発売されるものの場合には、大抵2曲から4曲くらいの30分弱程度のディスクが一般的です。
そしてアルバムの場合には、10曲前後くらいが収録された数十分以上のディスクがおおく見られます。
ここ数年ほどでCDの売り上げには低下傾向が見られますが、デジタルコンテンツとしてインターネットからダウンロードされる音楽には増加する傾向があります。
しかしながら、CDにはデジタルコンテンツとして販売される楽曲には付いていないミュージシャンやレコード会社の関係者などによる歌詞や楽曲、ミュージシャンに関しての説明などのライナーノーツが付録として収められていたり、アルバムのジャケットのアートワークなどもすべてをふくめてひとつの作品と見なしている音楽好きのひとびとも数多く、いまも根強い人気があります。

Favorite

2015/12/22 更新