コピーの注意点

CDへのスピーディなコピー方法には幾つかの方法が

明確な著作権が伴うCD出版物やメディアに関してはコピーガード機能により不可能なものの、自らオリジナルで作成したデータや文章、写真や画像等のファイルを別途CDにコピーし直す事に関しては何ら問題はありません。
方法としては簡単であり、自前でパソコンを有していればCD-R機能が付いたドライブを用いてコピーすればすぐにでも数十枚単位でメディアを作成する事が出来るでしょう。
その際問題となるのはその書き込みスピードであり、家庭用パソコンのスペックではどうしても遅くなりがちで、数十枚を完了させる為に丸一日要してしまうケースも十分あるのです。
しかしこれらの処理をごく短時間で行える方法もあります。
近隣に営業しているコンビニの多くはこれらの作業を高速で行える機器を備えており、1枚当たり数分、数百円単位で処理してくれるのです。
また送料やレスポンスの日数を気にしなければ、こうした複製を専門に行うサービス業者もおり、ネット経由での注文が大変便利となっています。

CDコピーの注意点について

CDをコピーしてデータの作成を行うときには、いくつかの注意点があります。
この作業のなかで透明の分割や統合設定というものがありますが、透明効果を行うときには必ずパソコンのファイルのドキュメント設定から、プリセットの設定を高解像度に設定する必要があります。
個々でしっかりと設定が行われていないと、透明効果だけではなく透明に関するオブジェクトの仕上がりが荒くなってしまいます。
したがって必ず確認するようにします。
ドキュメントのラスタライズ効果設定に関しては、ドロップシャドウや光彩などの解像度を設定していきます。
効果のなかのドキュメントのラスタライズ効果設定を開いて、ここにある解像度の設定を高解像度かそのほかを選択します。
そして任意の数値を選びます。
透明効果に関しては、環境や使用方法によっていくつかの注意点があります。
印刷トラブルが発生すると言うことも珍しくはないので、この点は理解しておくことが大切です。

recommend

Last update:2016/6/16